転職に向けて自主退社する前に整理すべき事

辞表を出す前に転職目的を明確化する必要性

 勤務している会社が倒産したり、間違いなくブラック企業で即刻転職を考えるざるを得ない場合は別にして、より良い何かを求めて転職するために自主退社の辞表を出すのなら、その前に真剣に考え、整理しておくべき重要な事項があります。それはなぜ転職するのかという目的を明確にする事です。ただ漫然と今の会社が気に入らないと言った不明瞭な動機で転職すると、転職した会社でも同じように嫌気がさし、また次々と転職を繰り返す結果となり、年齢を重ねてもキャリアを積む事ができず、将来後悔する可能性が高いからです。

あなたが会社に求めるもの、今の会社に不足なものとは何ですか?

 会社で仕事をする意味や、会社に求める事には、様々な事項が挙げられます。高い収入を得る事、仕事にやりがいがある事、仕事とプライベートのライフバランスが取れている事、どんどん専門スキルを高められる事、キャリアパスを繰り返しジェネラリストとしてのスキルを得られる事、福利厚生が充実している事、人間関係が良い事など数え上げると限がありません。

 こうした項目をリストアップし、今の会社で満足できる項目、今の会社より条件がダウンしても良い項目、今の会社では不足している事、不満な項目に区分して整理するべきです。そして、最も今の会社を辞め、新しい道を求める最大の要素も明確にするべきです。これは、同じ会社や同じ仕事をしていても、個人の人生観や仕事観で評価は異なります。

転職先はあなたの評価に適合していますか?

 先に上げた今までの会社の自己評価で、最大の課題は転職先で取り除けたとして、他のリストアップした項目は、評価の許容範囲内でしょうか。最大の辞めたい理由が新たな会社で取り除けても、他の要素が許容範囲内でなければ、今度はそれが嫌でまたすぐに転職を考えたりする失敗を犯す可能性があります。転職して、全ての条件が良くなればそれに越した事はありませんが、世の中はそんなに甘くはなく、何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない事が多いものです。そのために、自主退社の辞表を出す前に、じっくりとリストを作ってでも、熟考する事が重要なのです。

カテゴリー: コラム パーマリンク