学歴が無くても入れる所には入れます

まず、ご安心頂きたい点が1点あります。

高卒でも、高校中退でも、ニートでも、フリーターでも、大手の企業の入ろうと思えば入れます。

例えば、大手の企業で、大学卒以上で募集をしていたとしても、募集と自分の持つスキルがマッチしている事、入りたい意思、企業に入った後何がしたいかが明確になっていれば、人事にメールをその旨を伝えた上で、面接を希望すれば良いです。
実際の体験上、2度程、大手の企業に内定を頂きました。

ただし、昔からの伝統を守る企業や、最大手などになると、学歴が無いと入ることは極端に難しくなる傾向にあります。外資系、機械系、IT系は、比較的能力を見ようとしますので、意思さえ相手に伝えれば、学歴に関係なく、面接の機会を頂ける可能性があります。

また、就職活動に際して、相手の企業を良く調べる事はもちろんの事ですが、中途で入る場合には、新卒と違い、社会経験が少なからず問われるケースがあります為、ある程度の常識である、礼、言葉使い、報告、連絡、相談等はできる事が望ましいです。自身がない場合は、インターネットで調べるなりして、最低限の知識だけでも持つ事が重要です。

これらの知識もない場合、それ自体が見抜かれる事は無いかも知れませんが、言葉の端々や、表現、理解度等から、能力が足りないと見られてもおかしくありません。

<参考サイト>
高校中退者の就職活動
高校中退者が就職のためにまずやるべきこと

労働委員会/滋賀県

最低限のポイントとして、何事も行動する前に、インターネットで知識を得る等をした上で、綿密に頭の中でシュミレートし、可能であれば、暗記で面接に挑むのではなく、考えて言葉に出す事を実践して頂ければ、20代であれば、大抵認められます。
大事な事は、テキストの言葉ではなく、相手の言葉を如何に理解し、自分が企業に見合うものなのかをアピールする事です。

カテゴリー: コラム パーマリンク