やりたいことを見つけてから転職しよう

不満だけで動くのはよくない

 今の会社に不満があって転職を決意したとしても、まだ自分が何をやりたいのか明確になっていないのなら、一旦立ち止まってよく考えるべきです。やりたいことが分からないまま転職しても、転職先でまた転職したくなってしまう可能性が高いです。転職では勤続年数や転職回数もチェックされますから、不満を持つたびすぐ転職するというスタイルはよくありません。

今の会社で仕事に打ち込もう

 やりたいことが分からないなら、とりあえず今の会社でいろんな仕事に全力で打ち込んでみるのがおすすめです。きっと、何かひとつぐらいはやり遂げて充実感や達成感を得られるような仕事も見つかるはずです。どんな仕事内容なら自分が満足できるかが分かれば、自然と理想の会社像も見えてくるはずです。

仕事に打ち込んでおけば面接でも得する

 転職の面接では、今まで出してきた成果を聞かれ、その内容から仕事熱心さ、協調性などもチェックされます。やりたいことが無いまま何となく仕事をしながら転職活動している人だと、面接で成果を聞かれても、しどろもどろになってしまいます。一方、やりたいことを見つけるために仕事に打ち込んで、それから転職活動を開始した人であれば、成果を聞かれた際も実体験に基いて語ることができ、決して悪い印象を持たれることはありません。

カテゴリー: コラム パーマリンク